アイピルは吐き気の副作用があるので空腹時を避ける

アイピルを服用することで、万が一セックスの時に避妊に失敗してしまったとしても、高確率で避妊をすることが出来ます。なので大人の女性であれば誰もが妊娠してしまう可能性を持っているものなので、常備して持ち歩くのをオススメします。ところでアイピルにはこのような便利な避妊効果が期待出来る反面、服用することで様々な副作用が出てしまうことでも知られています。なるべくならば副作用の影響を受けずにアイピルの効果とメリットだけを享受したいものですが、なかなかそういうわけにもいきません。なのでせめて副作用が出てもその影響を少なくするようにする必要があるのです。
アイピルを服用することで吐き気の副作用が出てしまうことがあります。なのでなるべくなら空腹時の服用は避けた方が良いとされています。何故なら通常吐き気というのは何もない時と比べて空腹時の方がより酷くなってしまうものだからです。だからこそ乗り物に酔って吐き気が出やすい人は、空腹時に乗り物に乗ってはいけないとされているのです。なので吐き気の副作用を少しでも軽減させる為にも、アイピルはなるべく空腹時には服用しないようにすることが必要です。
そうは言ってもアイピルというのは緊急避妊薬ですから、なかなかそうも言っていられない事情もあるものです。何故ならアイピルはセックス終了後72時間以内に飲めばいつでも良いという悠長なものではなく、とにかく早く飲めば早く飲む程避妊効果を得ることが出来るものなので、なるべく急いで飲む必要があるのです。なのでたまたまセックス終了後に空腹だったということもあるでしょう。その場合はとにかくなるべく早くピルを飲む必要があるので仕方ありませんが、どうしても酷いなら吐き気止めを飲む等して対処しましょう。

アイピルの記事